辛い時、元気を出したい時、モチベーションを上げたい時に見たい動画

Youtube

学校、仕事、勉強、友達、家族。

人によって原因はさまざまですが、人間生きていると辛いことや落ち込むことはよくあります。

気持ちを入れ替えたり、自らを奮い立たせてやる気を起こしたり出来ればいいんですが…それがなかなか難しい。

そんなとき、励ましてくれる人や場所、また音楽を聞くことにより気持ちが落ち着いたり、もう一度頑張ろうと前に進めることがあります。

僕の場合、好きな音楽を聞くことでモチベーションが上がることがよくありますが、もう一つ自分の気持ちを上げるために行なっているのが好きな「動画を見る」こと。

今回は、辛い時や元気を出したい時、モチベーションを上げたい時に見てもらいたい動画をまとめてみました。

 

 

 

本田圭佑

 

サッカーで数々の偉業を成し遂げてきた本田圭祐さんの言葉です。

 

「成功にとらわれるな、成長にとらわれろ」

 

彼はこの動画の中で「努力が結果(成功)に結びつくとは限らない」、そして彼自身も「努力したのに結果が出ないということがたくさんある」と語っています。

成功ばかりに気をとられてはいけない。

「努力⇒成功」ではなく「努力⇒成長」

努力したときには必ず成長している。

 

成長を喜ばないといけない、そして、その成長の先に成功がある。

 

生きていれば何かに関して努力が必要なことが多々ありますが、その努力が報われないことが本当に山ほどあります。

本当に励みになる言葉です。

 

 

堀江貴文(ホリエモン)

 

元ライブドア代表取締役社長で、現在は実業家、タレント、YouTuberなど、数々の新しいことに挑戦している堀江貴文さんの言葉です。

 

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」

 

過去を悔やんでも、いいことは何1つない。

チャレンジをすると失敗する可能性が確実に上がるが、チャレンジしなければ成功することは有り得ない。

失敗はしかたがないが、失敗した時に「なぜ失敗したのか」「次、同じ失敗をしないように、どうすればよいのかその場で考える」

考え終ったら、酒でも飲んで騒いで忘れるようにする。

そして、これから先のチャレンジは必ずうまくいくと思い込むことが大切。

 

10年前、みんながスマートフォンを持ってLINEやTwitterをしている世界を誰が予想できたのか…

人間は数年先の未来でさえも予想出来ない。

 

未来のことを考える意味なんてないし、過去を悔やんでいる暇もない。

どうすれば楽しく生きていけるのか…それは今に集中して一生懸命生きること。

 

「今を生きる」

 

本当によく聞く言葉で、ありきたりな言葉とさえ感じた時もありましたが、この動画を見て「今を生きる」ということの大切さをあらためて感じました。

 

 

スティーブ・ジョブズ

 

アップル社の元社長、ピクサーの元社長、NeXT社の創業者、有名過ぎる偉人「スティーブ・ジョブズ」の言葉です。

 

「点と点の繋がりは予想できない、あとで振り返って点の繋がりに気付く。」

「今やっていることが、どこかに繋がると信じてください。」

 

今やっていることが、この先なんの役に立つんだろうか…

今の頑張りが、活かされるときはくるんだろうか…

 

そんな風に考えてしまう時がよくありますが、今の頑張りが活かされる時、役に立つ時はいつなのか、誰にも分かりません。

でも、いつかそれらが活かされる時がきて、その時に初めて「あのときやっといて良かったなぁ」と、過去の努力と今が繋がるということなんですね。

 

人生において無駄なことなど1つも無い、すべてこの先の人生のどこかに活かされる。

 

今やっていることを、今の決断を、今の自分を信じて生きていこう。

そう思わせてくれる言葉です。

 

 

GACKT

 

バラエティー番組出演や、俳優など、多分野で活躍している日本の男性シンガーソングライター、GACKTさんの言葉です。

 

「考えた後で行動しようと思う」それは話しにならない。

「まずは動く、悩んでないで色々なことやってみたらいい」

 

彼はこの動画の中で「行動することの大切さ」と「どのタイミングで行動にうつすのか」について語っています。

 

まずは物事を「知る」ことから始まり、それを「覚える」、覚えたらすぐに「動く」、そして何かにぶつかった時に「考える」

この順番が大切だということです。

 

僕を含め、大半の人が「知る」⇒「覚える」⇒「考える」⇒「動く」という順番になっていると思います。

もちろん「考える」ことが悪いわけではないとは思いますが、この「考えるという行為」は、時々「行動を遅らせる」だけではなく、「自分が本当にやりたいことの邪魔」になったりします。

僕の話しになりますが、数年前仕事を辞め海外に行きたいと思っていたものの、どうしても色んな不安があったため考え込んでしまい、なかなか前に踏み出せなくなっていました。

結局その後、海外には行きましたが、今思えば本当に余計なことまで考えていたなぁと思います。

 

GACKTさんが言いたいのは、一切考えずに動けということではなく、その物事を知り覚えたなら、見えない未来のことを考え悩む前に、まずは一歩を踏み出そうということ。

そして、その先で何かにぶつかったとき、解決策をしっかり考えようということなんだと思います。

 

考え過ぎずにまずは一歩を踏み出してみる。

 

何かを始めるとき、とても大切になることだと思います。

 

 

竹花貴騎(たけはな たかき)

 

Google⇒株式会社SMS⇒リクルートを経て、現在、株式会社Lim JapanのCEOを務める注目の若手実業家、竹花貴樹さん(たけはな たかき)の言葉です。

 

「僕は自己啓発とかモチベーションとかすごく嫌いです。」

「気持ちなんて待っていてはだめです。」

「あいつは絶対に来ないです。」

 

僕は今まで「どのようにすれば気持ちやモチベーションがあがるのか…」そのことばかりを考えていましたが、この動画での彼の言葉は、その考えを吹き飛ばすものでした。

 

僕自身、例えば勉強や仕事など、何か作業を始める前、「やる気が起きないなぁ~」とダラダラしてかなり時間が掛かってしまうことがあります。

この時間こそが「気持ちを待っている」状態。

しかし、この「気持ち(あいつ)」が全然来ない…泣

 

だから、やる気が出るのを待っていてはダメなんですね。

 

はなから「やる気なんて待っていても来ない」と思うことによって、良い意味で諦めがつき、すぐに行動(作業)に移せる。

 

この発想は目から鱗でした。

 

ただ彼も「毎日が本当に自分との戦い」と動画内で言っている通り、自分自身に打ち勝ち行動に移すことは簡単ではないようです。

しかし、こういった毎日の努力や行動が、今の彼の地位を築いたんだろうなぁと思います。

 

「モチベーションとか嫌い」と言っている人の動画を見てモチベーションが上がっているのは変な話しですが、自分のこれからの行動に活かせるとてもイイ動画です。

 

 

松岡修造

 

元男子プロテニス選手で、現在はスポーツキャスターやスポーツ解説者、またタレントとして活躍している松岡修造さんの言葉です。

 

「思うようにいかないことはたくさんある。」

「実際思うようにいかなことばかりだ。」

「でもそこで頑張れば、絶対必ずチャンスが来る。」

「頑張れよ!!」

 

この動画は松岡修造さんの数々の名言(なかには笑ってしまうようなものもありますが笑)がまとめられたもので、僕自身、数十回は見ているお気に入りの動画です。

彼の言葉には細かい理屈がありません。

 

とにかく真っ直ぐで、真剣で、熱い熱い気持ちがこもった言葉は、弱った心にしっかり届きます。

 

ホントに元気が出ます!!修造さん!ありがとうございます!!

 

 

最後に

どの動画の言葉も心に染みるものばかりですが、僕のお気に入りはやっぱり修造さん!!

シンプルに元気が出る!!

 

また良い動画に出会えたら、この記事に追加したいと思います。

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。