アイルランドで最もドラマチックな場所にある「ダンルース城」を観光

北アイルランドのダンルース城

アイルランドで最もドラマチックな場所にある名城、その名は「ダンルース城」

北アイルランドの有名観光スポット「ジャイアンツコーズウェイ」から車で10分の場所にあります。

 

※巨人が作った石の道「ジャイアンツコーズウェイ」については 北アイルランドで最も人気ある場所「ジャイアンツコーズウェイ」を観光 で詳しく書きました。

ジャイアンツコーズウェイ

北アイルランドで最も人気ある場所「ジャイアンツコーズウェイ」を観光

2017年12月25日

 

 

 

ダンルース城への行き方

ダンルース城付近にはバス停があるので、どこからでもすんなり行く事が出来、行き方に関しては特に苦労することはないかと思います。

またジャイアンツコーズウェイからダンルース城の間にもバスが走っているので、2つセットで訪れてもいいかと思います。

 

ドラマチックなロケーション

北アイルランドのダンルース城

Dunluce Castle

こちらがドラマチックな場所にある名城「ダンルース城」です。

上の写真については城を見上げる様な形で撮りたかったので、遊歩道から外れ、ちょっと頑張って(途中でコケました)海辺まで降り撮影しました。

アイルランドには崖のギリギリに建てられた建造物が多いですが、こちらの城もかなりきわどい場所にあります。

 

難攻不落の要塞

北アイルランドのダンルース城

城が立つ崖に渡る唯一の道は写真左側に見える橋のみです。

実はダンルース城は要塞としての顔も持ち、敵が城を攻めるには崖に架かる唯一の橋を渡るか、切り立った崖を登るしか方法はありません。

また万が一に備え、敵から逃げる為の地下通路や海へ逃げる為の洞窟などもあり、自分達の身を守ることに適した城の造りになっています。

 

城の受付

ダンルース城の資料館

受付で入場料金を支払い城の敷地内に入ると、すぐ目の前にダンルース城の資料館があります。

ここではドキュメンタリー番組のような10分程度の映像を見る事が出来、後の城内見学で大いに役立ちます。

 

ダンルース城の歴史

ダンルース城の絵

13世紀後半~14世紀前半にかけて、アイルランドで最も大きな勢力を持っていた貴族「リチャード・オグ・デ・バーグ」によってこの城は建てられました。

この時代には、外部からの脅威が多くあり、城というよりは要塞としての役割の方が大きかったようです。

その後、城のオーナーは変わっていき、最後は当時この地域の領主だったスコットランドの貴族「マクドネル家」の居城として使用されました。

 

ダンルースの失われた町

ダンルース城の地図

現在、城の周りには野原が広がっているだけですが、かつて、ダンルース城の周りには小さな町が存在していたことが分かっています。

当時を再現した町の写真を見れば、城のオーナーがそれだけの力を持っていたということがよく分かりますね。

 

城の中

北アイルランドのダンルース城内 北アイルランドのダンルース城内

中の状態は良いとは言えませんが、暖炉や煙突、部屋や窓があったであろう痕跡が残されています。

ただ、やっぱり大昔の建物なので、修復されている場所もチラホラありました。

 

170年前の落書き

壁の落書き

上の落書きは今から約170年前にここに訪れた人が残したもので、大きな暖炉の内側に彫られています。

これは僕が偶然発見したわけではなく、城に入る前に見た映像の中で紹介されていたものです。

前にあるTSAもしくはISAの文字はおそらく名前です。どこかに行ったとき名前と年を刻む行為は現代でもよく見られますが、170年前の人々も僕らと同じようなことをやっていたというのは…何だか不思議な感じがします。

 

最後に

北アイルランドのダンルース城

ダンルース城は、レッドツェッペリンのアルバムのジャケット、ジャッキーチェン主演映画のロケ地、ナルニア国物語の城のモデルにもなった場所で、実際にこの城を知らない人でも、もしかしたら間接的に見ている可能性があるかも知れません。

数々の作品に使われるほど有名な景色、「アイルランドで最もドラマチックな場所」と言われる通り、訪れる価値のある場所(名城)でした。

 

※ナルニア国物語の作者である”C・S・ルイス”は、幼少期を北アイルランド最大の都市である”ベルファスト”で過ごしました。そのためベルファストには彼や彼の最大の作品であるナルニア国物語に関する壁画や銅像がいくつかあります。

ナルニア国物語の壁画や銅像については ベルファストに来たなら必ず行くべきおすすめ観光スポット16選 で詳しく書きました。

ジョージ・ベスト

ベルファストに来たなら必ず行くべきおすすめ観光スポット16選

2018年1月11日

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。