頂上から見下ろすコネマラの景色は爽快「コネマラ国立公園」を観光

コネマラ国立公園

今回はコネマラ地方で有名な観光地「コネマラ国立公園」に行ってきました。

コネマラ国立公園とは、20㎞²の美しい山々、沼地、草原、森林などがガッツリ詰まっている自然公園。

公園内にはハイキングコースがいくつかありますが、その中でも山頂を通るコース上にある高さ400メートルのダイヤモンド・ヒルから見下ろすコネマラの景色はバッチグー!!

コネマラ地方の大自然を楽しみたいなら、コネマラ国立公園はとてもおすすめ出来る場所です。

 

 

 

コネマラ国立公園への行き方

国立公園の入り口(ビジターセンター)の近くには小さな町「レターフラック(Letterfrack)」があるので、とりあえずその町まで行ければ国立公園は目と鼻の先。

ただ、コネマラ地方…バスの本数が少ない!!

例えばクリフデンからレターフラックへは、1日3本ほど。朝から出て夕方に帰って来ることは出来ますが、バスの時間には気を付けて下さい。

あと、レターフラックに泊まっちゃえば何にも心配入りません、しかも、レターフラックから有名な観光スポット「カイルモア修道院」までは歩いて1時間、自転車なら15分です。

最初は僕も「レターフラックに泊まろう!!そしたら、コネマラ国立公園とカイルモア修道院2つ見れるやん!!」と思っていたんですが、平日1泊20ユーロの安宿 コネマラ ナショナル パーク ホステル(Connemara National Park Hostel) が予約一杯で断念(行くなら早めの予約が大切ですね)

「お金を使うなら体力を使う」がモットーの僕は、クリフデンから自転車で向かうことにしました(もちろん時と場合によりますよ笑)

 

いざ、出陣なりッ!!でやーーッ!!

(実際は無言でチャリをこぎ始めました)

コネマラ地方

「やっぱり自転車で正解!!」と思わせる景色の数々。

前にも書いたんですが、コネマラ地方には手つかずの美しい山脈や湖が数多くあり、この地域全体が絶景なんです。

コネマラ地方

普通に道路をチャリンコで走っているだけで見られる美しい山々と湖、バスのガラス越しで見るには少し勿体ない気がします。

 

レターフラックに到着

レターフラック(Letterfrack)

クリフデンからコネマラ国立公園までは自転車で1時間程度、案外早く着きます。

行き道は基本的に下り坂が多いので楽、その分帰り道はなかなかイカつい登り坂に挑むことになります笑(言っても片道1時間の距離ですが…)

ちなみにレターフラックは小さな村ですが、レストランやパブ、小さな食料品店にホステルも数件あるので、お泊まりしても楽しめそうでした。

 

いよいよコネマラ国立公園内へ

コネマラ国立公園

こちらがコネマラ国立公園の入り口になります。

建物の目の前には大きな駐車場があるので、車やバス、もちろん自転車を含め、この場所に駐車することが出来ます。

そして国立公園への入場はタダ!!ありがたやーー。

コネマラ国立公園

コネマラ国立公園内のハイキングコース

公園内のコースは4つありますが、大半の人が山の頂上(赤色のコース)を目指していました(もちろん僕も!!)

入り口から山頂まで行って戻ってくるのであれば、所要時間は2~3時間ぐらい。標識があるので間違えないとは思いますが、赤のコースは一方通行です。

他のコースは特に指定はなかったとは思いますが、皆さん時計回りで歩いていました。

入り口から時計回りに進むと、まず見えてくるのがお土産屋さんやカフェ、遊具など。

一応、サラリと中を見渡しつつ、シャッと先に進みました。

コネマラ国立公園

最初の方はキレイな道、穏やかなハイキングコースです。

コネマラ国立公園

そして、すぐに見えてくるのが木の板で敷き詰めた特徴的な道。

実は僕、この景色が見たかったんです!!

始めてこの場所の写真を見た時は、「なんでこんな道があるんだろう」と不思議に思っていたんですが、実際に行ってみると納得しました。

山のふもとは湿地帯、水を多く含んだ地面が広がっています。こんな場所を靴で歩いたら数秒でぐっちょんぐっちょんです。

そうならないために作られた道なんですね。作ってくれた人達。ありがとう。

 

ここからが登山コース

コネマラ国立公園

しばらく穏やかな道を歩くと大きな岩がある場所に着きます。ここからが山登り、赤いコースの始まりです。

コネマラ国立公園

途中足場の悪いゴツゴツした岩場や、急な斜面を登らないといけない場面がいくつかありますが、おじちゃまおばちゃまも登っています。なので、そこまでキツい山登りではありません。

 

頂上に到着

コネマラ国立公園

ばつぐん!!景色ッ!!

やはり頂上からの景色は爽快です!!

コネマラ国立公園

山頂に着いたのはお昼時、ここでは持参した軽食を食べている人達がたくさんいました。

僕も持って来ていた安物のクッキーをここで食べましたが、こんな場所で食べたら何でもうまいっすね!!

ただ、山の上は風もあり、やっぱり寒い。

着いた直前は涼しく感じますが、しばらくじっとしていると寒くなってくるので、上着は必ず持って行った方がいいです。

ちなみに頂上からはカイルモア修道院も見ることが出来ましたが、距離が離れ過ぎているので修道院に関しては間近で見た方が全然いいです笑

 

下山しまーす。

コネマラ国立公園

コースは円状になっているので、二手に分かれた道のどちらを進んでも着く場所は同じ、行きで通った道をまた歩く必要はありません。

そのため、帰りの景色もまた新鮮。飽きることなくハイキングを終えることが出来ました。

●場所 コネマラ国立公園

 

自転車に乗って帰宅

コネマラ国立公園をあとにし、再び自転車でクリフデンに戻ります。

と思わせといて…次はカイルモア修道院を目指しました。

なぜならすぐ近くだから!!その距離自転車で15分。

それについてはまた別で書きたいと思います。

 

※カイルモア修道院については アイルランドのコネマラ地方最大の観光スポット「カイルモア修道院」 で詳しく書きました。

カイルモア修道院

アイルランドのコネマラ地方最大の観光スポット「カイルモア修道院」

2017年10月2日

 

 

最後に

僕はもともと山登りが好きなので、コネマラ国立公園でのハイキングはかなり楽しめました。

もちろん国立公園まで行かなくても、コネマラ地方の道路を走る(自転車や車)だけで、この地域の良さを感じることは十分出来ると思います。

「もっと上から見下ろしたいんやッ!!」「もっと自分の足でコネマラの自然を感じたいんやッ!!」「体全体でコネマラーーッ!!」っていう僕みたいな変態の方には、すごくオススメできる場所です。

ただ天気の悪い日は、せっかくの良い景色も見れませんし視界が悪く危険です。無理はしないように楽しんで下さい。

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。