ゴールウェイの町にある、おすすめ観光スポット10選

ゴールウェイ(Galway)

さぁーいよいよずっと行きたかったゴールウェイを観光ですッ!!

色んな人から「ゴールウェイはアイルランドで人気の町」と聞いていましたが、まさにその通りだと思います。僕は完全にこの町の虜になり、なんだったら「住みたい」とちょっと思ってしまったぐらいです。

ゴールウェイの町自体もそうですが、その周りにも魅力的な観光スポットがたくさんあり、そこそこ大きい町なので交通の便も良く、なにより、毎日がお祭りのように賑わう町の中心地の雰囲気がとても良かったです。

話しが少しそれますが、この町は「 エド・シーラン(Ed Sheeran)」の歌「 ゴールウェイ・ガール(Galway Girl)」の舞台になった町で、MVに出てくるほとんどのシーンはこの町で撮影されました。

僕はエド・シーランが大好きで、この歌ももちろん大好きだったので、それだけでめっちゃ興奮!!それについてはまた別で書きたいと思います。

 

※エド・シーランが歌うゴールウェイ・ガールのMVが撮影された場所については エド・シーラン(Ed sheeran)が歌うゴールウェイ・ガール(Galway Girl)のMVの場所に行ってみた で詳しく書きました。

ゴールウェイの町

エド・シーラン(Ed sheeran)が歌うゴールウェイ・ガール(Galway Girl)のMVの場所に行ってみた

2017年9月12日

 

そんなこんなで、書きたいことは山ほどあるんですが、今回は町にある観光スポットを中心に書いていきます。

 

 

 

ゴールウェイ大聖堂(Galway Cathedral)

ゴールウェイ大聖堂(Galway Cathedral)

1965年に建てられた比較的新しい大聖堂で、もともとこの場所には刑務所が建てられていました。

大きさ外観ともに迫力があり、町の中でもかなり存在感がありました。

ゴールウェイ大聖堂(Galway Cathedral)

大聖堂の中から見上げるドームは、窓から差し込む光に照らされ石が少し緑がかり、とても幻想的な光景でした。

ゴールウェイ大聖堂(Galway Cathedral)

ステンドグラスもたくさんありましたが、この大きな花型のガラスは特に大きくキレイでした。

●場所 ゴールウェイ大聖堂(Galway Cathedral)

 

リンチの城(Lynch’s Castle )

リンチの城(Lynch's Castle)

リンチの城は、かつてゴールウェイで最も権力のある一族の家でした。

城は1930年にアイルランドの銀行によって買収され、現在では銀行として使われています。

建物は何度も改装されてはいますが、リンチ家の紋章や彫刻を施された壁など、現在でも当時(中世)の城の面影をしっかり垣間見ることが出来ます。

●場所 リンチの城(Lynch’s Castle)

 

スパニッシュ・アーチ(Spanish Arch)

スパニッシュ・アーチ(Spanish Arch)

12世紀頃、ゴールウェイには町を外部の脅威から守るために建設された長い防壁がありました。

そして、1584年にその壁の延長線上に造られたのが、このスパニッシュ・アーチで、略奪から商船を守るために建設されたと言われています。

名前の由来は、ゴールウェイで貿易が盛んに行われていたころ、この場所にスペインの船が頻繁に訪れていたことから、この名前が付けられました。

場所は静かな川のほとりにあるので、散歩してたり、座って話ししていたりと、日中は多くの人の憩いの場として使われています。

●場所 スパニッシュ・アーチ(Spanish Arch)

 

エア・スクエア・センター(Eyre Square Centre)

エア・スクエア・センター(Eyre Square Centre)

外見はどこにでもあるモダンなショッピングセンターですが、中には歴史的建物があります。

エア・スクエア・センター(Eyre Square Centre)

現代と歴史が融合

先ほど、スパニッシュ・アーチの説明で少し書いた「町を外部の脅威から守るために建設された長い防壁」、その一部がこのショッピングセンターの中に残されています。

何も知らなければオシャレな作りだなぁ~ぐらいで終わってしまいますが、この壁の歴史を知って訪れれば、ただのショッピングセンターが歴史的観光スポットに変わります笑

古い建物、すべてを取り壊さずに現代の中にうまく組み込む、こういう歴史の残し方僕は結構好きです。

●場所 エア・スクエア・センター(Eyre Square Centre)

 

エア・スクエア(Eyre Square)

エア・スクエア(Eyre Square)

エア・スクエア・センターの目の前には大きな公園「エア・スクエア」があります。

正式名称は「ジョン・F・ケネディ・メモリアルパーク(John F. Kennedy Memorial Park)」といい、1963年にケネディ大統領がゴールウェイに訪れ、この公園で演説したことを記念して、エア・スクエアからこの長い名前に改名されました。

ただ、現在でも馴染みのある「エア・スクエア」という名で呼ぶ方が一般的なようです。

ちなみに…ジョン・F・ケネディは、当時ジャガイモ飢饉で苦しんでいたアイルランドから、アメリカに逃れたアイルランド人移民の子孫です。そのため、生まれた場所や宗教によって差別を受け、虐げられてきた過去を持つアイリッシュやアイリッシュ・アメリカンにとって、アメリカ大統領という彼の存在は、当時とても大きなものでした。

 

 

※その昔、アメリカやその他の国々に渡ったアイルランド移民については アイルランドからアメリカへ~アイルランド移民の歴史について~ で詳しく書きました。

昔のニューヨーク

アイルランドからアメリカへ~アイルランド移民の歴史について~

2019年3月23日

 

 

14の部族の旗

エア・スクエア(Eyre Square)

公園の前には13世紀半ばから19世紀後半にわたりゴールウェイで繁栄した14の部族の旗が飾られています。

ちなみに、リンチの城で紹介したリンチ家の旗もこちらにかかげられています。

最初に旗を見た時は、地元のサッカーチームの旗か何かかなぁと思っていましたが全然違いました笑

 

マトン・アイランド(Mutton Island)

マトン・アイランド(Mutton Island)

町から海に向かって一直線に延びる道(約900メートル)があり、その先には小さな島があります。

左右を海に挟まれた本当にキレイな一本道。僕以外にもその一本道の先に向かって歩いている人が何人もいたので、先に何かあるんだろうと期待を胸に島に向かいました。

待っていたのは…下水処理場でした。

「いや、なんもないんかーい」と1人でツッコみ。

他の人達は、行き止まりまで行くとUターンして、また来た道を戻るという謎の行動をしていました(たぶん散歩コースですね笑)

ただ、海に向かって続く一本道はかなりキレイで、海側から見る町の景色もかなり良かったので行く価値はありです。

●場所 マトン・アイランド(Mutton Island)

 

聖ニコラス教会(St. Nicholas Parish – Russian Orthodox Church)

聖ニコラス教会(St. Nicholas Parish - Russian Orthodox Church)

1320年に建てられた教会で、かの有名なコロンブスが1477年にゴールウェイに訪れた際、この教会で航海の安全を祈ったと言われています。

その後、コロンブスはアメリカ大陸を発見。もしかすると、この教会はかなり凄いパワースポットかも知れません。

●場所 聖ニコラス教会(St. Nicholas Parish – Russian Orthodox Church)

 

ゴールウェイ・シティ・ミュージアム(Galway City Museum)

ゴールウェイ・シティ・ミュージアム(Galway City Museum)

スパニッシュ・アーチの近くにある博物館で、中にはゴールウェイの歴史、芸術、科学、考古学などに関する多くの資料が展示されています。

そして、なんと言っても入場料が無料というのが魅力的。タダならとりあえず寄っとくべきでしょう笑!!

●場所 ゴールウェー・シティ・ミュージアム(Galway City Museum)

 

オスカー・ワイルドとエドゥアード・ヴィルデの像(Statue of Oscar Wilde and Eduard Vilde)

オスカー・ワイルド&エドゥアード・ヴィルデの像(Statue of Oscar Wilde and Eduard Vilde)

ゴールウェイのメインストリートにある銅像で、向かって左側がアイルランドの作家「オスカー・ワイルド」、右側がエストニアの作家「エドゥアード・ヴィルデ」です。

この銅像はエストニアのタルトゥという町にある銅像のレプリカで、2004年にエストニアがEUに加盟した際、ゴールウェイに贈られました。

2人の作家は同じ時代を生きてはいましたが、別々の国で別々の生活を送っていました。

なので、銅像では2人がベンチに座り、真剣に何やら話しをしているように見えますが、実際、2人に面識はありませんでした。

両国の有名な作家が同じベンチで会話をする。国を人に置き換え、両国の友好関係を表現しているんですね。素晴らしい!!

●場所 Statue of Oscar Wilde and Eduard Vilde

 

最後に

色々と書きましたが、どの場所も町の中にあるので歩いて簡単に回れます。

個人的には、ゴールウェイ大聖堂の中から見る淡い緑色のドームがお気に入り。

そして、リンチの城、聖ニコラス教会、有名作家の銅像があるメインストリートの賑わいがとても気に入りました。

ゴールウェイに来た際は、ぜひ寄ってみて下さい。

 

※ゴールウェイにたくさんいるストリートパフォーマーと、ゴールウェイの夜の魅力については ゴールウェイの夜とストリートパフォーマーを全力でおすすめします で詳しく書きました。

ゴールウェイ(Galway)

ゴールウェイの夜とストリートパフォーマーを全力でおすすめします

2017年9月9日

 

※ゴールウェイのおすすめホステルについては 僕が実際に泊まったゴールウェイのおすすめ格安ホステル で詳しく書きました。

ゴールウェイ(Galway)

僕が実際に泊まったゴールウェイのおすすめ格安ホステル

2017年9月5日

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。