キャッシェルのおすすめホステルとそこで出会ったユニークな人々

ウォーターフォードを後にし、次の目的地へ…

しばらく港町が続いていたんですが、次は海の見えない内陸の方へ…

 

今回の移動もバスを使います。

ところで…

ウォーターフォードのバス停の待ち合い室でチケットを買おうとしたんですが、目的地までの行き方が分からなく、カウンターにいるおばちゃんに尋ねていたんですが…

彼女の英語がなかなか聞き取れず、おばちゃんがどんどんイライラし始めてしまい、最終的には駅名をペンで書いた紙を僕に差し出し…

 

「これを販売機で買って!!」

 

と、かなりキレながら渡され、アイルランドに来て一番怒られた日になりました笑

そして、言葉が分からないとは本当に不便なものだなぁと改めて思いました…完

 

そういえば1年前…

初めての海外でオーストラリアに行き、1人で空港からホームステイ先まで電車を使って移動しなければいけませんでした。

住所を書いた紙を片手に空港内や駅をさまよいながら、その紙に書かれた住所を指差し、色んな人に尋ねました。

「おれ…ここ…行く…」

たぶん現地の人にはこんな感じに聞こえていたと思います笑(原始人みたい)

それでも、色んな方が助けてくれて、地図を書いてくれたり、途中まで一緒に電車に乗ってくれたり、ある駅員さんは駅から出て一緒にホームステイ先の家にまで結構な距離なのに僕を連れて行ってくれました。

(もしまた会えたら、もう一度ありがとうと言いたいです。)

 

↑まぁこんな感じだったので、1年前の自分と比べたら、まだちゃんと道を聞けてるだけマシになったのかなぁと思います笑

そして、これから1年後にはさらにマシになれる様に頑張ろうと思います!!

(とか言いながら、部屋にこもってYouTubeずっと見てる日があったりするんですよね…笑)

まぁそんなことを色々考えながら…

 

 

 

キャッシェルへの行き方

ウォーターフォード(Waterford Bus Station 場所)から ケア(Cahir 場所)へ Bus Eireann (55) に乗って行きます。

片道12.50ユーロです。

ケアでしばらく次に乗るバスを待ちます。

ケアのバス停

バス停付近の風景(Cahir)

次にケアからキャッシェル(Cashel Main Street 場所)へ Bus Eireann (X8) に乗って行きます。

片道6ユーロです。

 

キャッシェルに到着

2時間程バスに揺られ到着したのが目的地、キャッシェルです。

キャッシェルの町並み

そして早速ですが、宿に向かいます!!

(バカみたいにデカいキャリーバッグを持っているので、取りあえず早くどこかに置きたい笑)

 

Cashel Holiday Hostel

Cashel Holiday Hostel

今回僕がキャッシェルで泊まったCashel Holiday Hostel です。

外見はピンク色でカワイイ感じ。

受付ではとても元気で気さくな台湾の女性が対応してくれました。

その方によると、数日前まで日本人の女の子がこのホステルで働いていたそうで、もう少し早ければ会えていましたね、惜しかった。

 

※アイルランドのホステルでボランティア(エクスチェンジ)については アイルランドでワーホリ、ホステルでボランティア、そして思うこと で詳しく書きました。

キャッシェルのおすすめホステルとそこで出会ったユニークな人々

2017年6月21日

 

 

中はとても広々していて、共用スペースも広いです!!

Cashel Holiday Hostel
Cashel Holiday Hostel

中庭にはバーベキューが出来るスペースがあり、グループで来ている人達がよくここで楽しんでいました

ドミトリーも十分なスペースがあり料金も安いので、僕的にここはかなりオススメのホステルです。

トリップアドバイザーで200以上の予約サイトから宿泊予定日の最低価格と口コミを検索⇒Cashel Holiday Hostel

 

※宿泊客にはロック・オブ・キャッシェルへの入場が無料になるチケット(いわゆるタダ券)がもらえます(^^)
もし、もらえなかったらホステルの方に尋ねてみて下さい!!

 

ホステルで出会った人々

 

このホステルでは素敵なおばあちゃんに出会いました。

歳は78歳だったかな??

僕がこのホステルに来る前から滞在していて、僕が共用スペースにいるとよく話し掛けてくれました。

僕のヘタな英語がなかなか伝わらず、よく眉間にシワを寄せて困った顔をしていたのを思い出します笑

そんな時はジェスチャーや絵や地図を使って何とか説明していました笑

なかなか波乱万丈な人生を歩んでいるようで、子供は3人いますが2度離婚をしていて今は持ち家がないとか。

このホステルにも1人で滞在していて、ここを出た後はインドに行くと言っていました(大丈夫かな??)

そして、とにかく方角を凄く気にする(信仰?風水的なものだと思う)おばあちゃんで、僕がご飯を食べている時、パソコンをさわっている時など、

「そっちの方角は良くない」「こっちの方角に向いて作業をすれば集中出来る」

など、毎回教えてくれました笑

本当に毎回真剣に言われるので、おばあちゃんが居るときだけ(ごめんなさい笑)はちゃんと方角を守りました。

 

その他、おばあちゃん以外にも、このホステルでは色んな人と出会い交流出来ました。

■旅行しまくってるアメリカ人のおじいちゃん■

結構いい年だったけど、アメリカに帰ったらまた仕事をするって、なぜなら「ボケ防止になる」から。10年前には日本にも行ってたみたい。

■3日間同じ部屋だったアイリッシュのおじさん■

寝る前に15分ぐらいお祈り??呪文??を唱える。長い…

■旅行で来ていたオーストラリア人の大学生■

地元シドニーでは大学に通いながら博物館でバイトしているんだとか。僕はオーストラリアに行ったことがあるので共通の話題が結構あって会話するのに役立った。

エアーズロックに行ったことがないらしい。僕は行ったことがあるので「行った方がいいよ」って日本人の僕がおすすめしてみた笑

■めっちゃ陽気なスロベニア人のぽっちゃり兄ちゃん■

とにかくよく喋る。そして携帯ゲームが大好き。クリアするまでって言って朝方までそのゲームに付き合わされた。でもただただいいヤツで、手作りピクルスを夜中に作ってくれたり、ビールもご馳走になった。

グループで来ている人達だと、その輪の中だけで会話しているのでなかなか入れないんですよね。

このホステルでは、たまたま1人で泊まりに来ている人が多かったので、しゃべれる機会が結構ありました。

 

最後に

 

海外では色んな国の人と会います。

違う国同士の会話になれば共通語の英語で話しますが、みんなそれぞれ発音(アクセントやイントネーション)が違っていて、同じ英語なのに全然違って聞こえるんです。

会話する相手によっては聞き取りやすかったり、聞き取りにくかったりですが、やっぱり聞き取りやすい英語を話してくれる人は、僕の英語もよく理解してくれます。

どの国の人が話す英語が一番理解しやすいか、それはやっぱり同じ日本人ですね笑

なので、日本人が教える英語だけを学んでいたら、いざ外国人と話すと「え…なんて?」ってなると思います。

(今の時代、日本人からだけ教わるっていうのはないと思いますが…笑)

「この国の人だけと話す!!」なんてことは出来ないので、色んな国の方とコミュニケーションが取れるように、そういった場を増やし、学んでいけたらなぁと思います。

英語があれば、色んな意味で世界が広がりますね!!英語(共通語)ってホント凄い!!

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。