GNIB(アイルランド外国人登録)

コーク警察署

今回の記事は、限定的な人達宛てになるため書こうか書かないか迷ったんですが…もし、このブログを見てアイルランドに行きたいって思ってくれたり、行く予定ですとか、もう居ますっていう人達のためになればいいなと思い、書くことに決めました。

ということで!!

 

 

 

外国人登録カード(GNIB CARD)について

 

知らない方もいると思いますので、一応説明しておきます。

アイルランドに90日以上滞在する予定の人は、入国後1ヶ月~3ヶ月以内に入国管理局や警察署に行って、外国人登録の申請をしなければいけません。

1ヶ月~3ヶ月の有効期限はビザや人?によって違います。

なので、アイルランド入国時、パスポートにスタンプが押され、そこに有効期限が書かれるので、その期限を守って申請に行けば間違いないと思います。

僕はワーキングホリデーで、期限は1ヶ月間でした。

また僕は外国人登録の存在なんて、一切知らずにアイルランドに来てしまい、ダブリン空港で

「1ヶ月以内にここに行ってください」

と言われ、スタンプを押され、

「なになに??どゆこと!??」

って感じで、全く理解出来ないままアイルランドの大地を踏みしめました。

アイルランドのワーキングホリデービザを申請した方は分かってくれるかも知れませんが、

「あれだけ面倒な申請を終えて来たのに、まだなにかやらないといけないの!?」って正直思いました笑

 

ちなみに…

これから書く内容はワーキングホリデーの方の外国人登録の申請方法になります。

従って、学生ビザ、その他のビザの方は必要書類、申請方法は変わりますので、ご注意下さい。

また詳しくはこちらのサイト→GNIBのサイトに英語ですが載っていますので、ご確認下さい。申請の予約、申請出来る場所の確認もこちらからすることが可能です。

この上のサイトだけでは少し分かりにくいと思うので、(僕も色んなブログ、サイトに助けられているうちの一人です、ホントにありがたい)下に僕のコークでの申請経験を含めた詳しい内容を書きました。

 

申請に必要な書類 

 

  • パスポート
  • 申請料300ユーロ(クレジットカード払いです)
  • ワーキングホリデーの許可証
  • 自分が住んでいるアイルランドの住所を証明するもの

 

最後の住所を証明するものなんですが、僕の場合まだ決まった住所を持っていなく、一か八かその時泊まっていたゲストハウスの領収証(そのゲストハウスに入るための自分の名前が入ったパスみたいな、ただの紙切れ)を持って行きました。

駄目と言われると思ったんですが、普通にいけました。

そして「住所が変われば、また変更しに来て」と言われました。ただ、これはシェアハウスでもホームステイでも同じことだと思います。

ゲストハウスによっては、領収書やパスみたいなものもくれない所があるので、宿の方にそうゆうものを出してもらうなり、ネットなら予約確認書のコピーなどを用意すればいいと思います。

住所確認で携帯の画面越しに住所を見せてもいけたとか、住所を証明するものは必要ないということも聞いたことがありますし、もしかしたら「今は住所はない」と言い切ったら、いけるかも知れません。

(僕の場合も、ゲストハウスの領収書でいけたぐらいですから、住所はあまり重要ではないのかな?という気もします)

担当者によるかもしれません、どちらのせよ期限ギリギリに行くと、なにか問題が起こった時が面倒なので、早めに行くことをオススメします。

 

申請場所

 

●ダブリン 移民登録事務所

●コーク     コーク警察署

 

ダブリン以外の町(コークも含め)では警察署での申請になります。 

僕はコークで申請したので場所は知っていますが、他の町はグーグルマップ [町の名前+Garda Station] で探すか、

GNIBのサイトのページにも載っています。        

Gardaとはアイルランドの警察のことです。

 

申請方法  

 

●ダブリン

ダブリンで申請する場合は、先にネットで予約が必要になります。GINB(予約ページ)

予約を取ったら、あとはその日に行くのみ!!

時期によっては人が多く、かなり先の予約しか取れないということもあり得るので、色々やらないといけない事はあると思いますが、アイルランドに着いたら、早めに予約、行動しよう!!

 

●コーク

コークは予約も必要ないので、書類を持って警察署に向かうのみ。

ただ、窓口の時間が決められていて、平日(月~金)の9:30~12:00と14:00~16:00です。

列は2列になっていて、外国人登録をしに来た人の列と、カードの受け取りまたは、住所変更?しに来た人の列です。

僕は14:00前に着いて、すでに10人ぐらい並んでいましたが、30分後ぐらいには自分の番が回ってきました。

言われた書類を出して、写真、指紋を採られ、携帯番号を聞かれました。

最後に「2週間後にカードを取りにきてね」と言われ、あっさり終わりました。思っていたより早かったです。

ただこちらも、時期によって申請に来る人数は変わるはずなので、早めに行く方が間違いないと思います。

 

2週間後…

カードを取りに行くと、その時は5人ぐらいが列に並んでいました。

僕の番になり、奥の個室に案内され、カードに記入されている情報は間違っていないかの確認、またまた指紋の採取(ただの確認なのかな?)、そして簡単な質問をされ、最後にカードを貰えば終わりです。

その他の町の申請方法は詳しく分からないですが、大きな違いはないと思います。

以上が、外国人登録の申請方法です。

 

申請を終えた感想

 

GNIB(アイルランド外国人登録)の申請からカード取得までやってみた感想は…もっとややこしいかなと思っていたんですけど意外と簡単で楽でした。

僕が申請している時期があまり混雑しない時期だったので待ち時間も少なかったのかもしれません。

いずれにしても、3ヶ月以上アイルランドに滞在するのであれば必ず外国人登録は必要になるので、早めの申請をオススメします。

コーク警察署

コークの警察署

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。