アイルランド最大のパイプオルガンがある聖フィンバー大聖堂

聖フィンバー大聖堂

 

 

聖フィンバー大聖堂とは

中学校の授業で習ったことがあるような名前…

ちなみに英語名はSt. Fin Barre’s Cathedral

St.Saint [セント] キリスト教の聖者や、それらに関係する建物、土地の前につける、略語)

Fin Barre’s  (フィンバーの)

Cathedral  (大聖堂)

聖フィンバーさんの大聖堂ってことですね。

(聖闘士星矢のセントってそうゆう事だったんですね…聖闘士星矢知らない方は要チェック!!)

 

こちらの大聖堂、コーク中心部から歩いて行ける場所にあります。

僕はこの大聖堂が有名な観光地とは知らず、町を散策していたら、ひときは大きなお城があったので近づいて行きました。

「うわぁ、シンデレラ城みたい。」

それが僕とこの大聖堂のはじめましてでした。

聖フィンバー大聖堂

裏?なんでしょうか、また違った形ですが、同じ聖フィンバー大聖堂です。 小さな子供たちがお父さんに写真を撮ってもらっていました。

 

歴史

さてさて、この場所にはかつて(7世紀)聖フィンバーが修道院を建てていました。

そこには優秀な聖職者が数多く集まり、その時代とても有名だったそうです。

その後、ウィリアム・バーグスによって1865年から1879年の間にその修道院は建て直され、現在の形になりました。

祈りと礼拝の歴史的な場所なんですね。

 

敷地内と彫刻

この大聖堂の周りにはそれほど大きな建物もなく、その場所でどっしりとたたずむ姿はものすごい存在感、圧巻です。

塀で囲われていて、周りも静かなので、ゆっくり落ち着いて見学することが出来ます。

聖フィンバー大聖堂の敷地内

庭も手入れされていてキレイでした

建物の彫刻は細部まで細かく彫られていて、こんなところにまでっと思うほどでした。

聖フィンバー大聖堂の彫刻

写真は撮っても撮っても撮りきれません笑

 

大聖堂の中

次は中ですが、入るには入場料がかかります。

外から建物を見るだけでも感動ですが、やっぱり中も見たくなる…

もちろん入りました!!

聖フィンバー大聖堂の中

キターーーーー!!
と心の中で叫ぶ…

やっぱり期待を裏切りません。

やはり広い…「デカーーーッ!!」(心の声)

中は外よりさらに静寂の空間だったので、心の中で叫びました…

聖フィンバー大聖堂のステンドグラス

ステンドグラス

聖フィンバー大聖堂の天井

天井が高い高い、吸い込まれそうです

 

パイプオルガン

聖フィンバー大聖堂のパイプオルガン

このパイプオルガンはアイルランド国内、最大です。

中を見学している途中突然パイプオルガンが鳴り始めました。

大聖堂の静寂の中で鳴り始めたこの音色は本当に心地良く、心が洗われるとはこの事なんだなと思ったり思わなかったり。

 

売店

その他、小さなお店?ですがお土産のようなものも売っていました。

聖フィンバー大聖堂内の売店

 

●名前 St. Fin Barre’s Cathedral 場所

●時間 [4月~10月] 月曜~土曜 9:30~17:30

日曜日 12:45~14:30と16:30~17:30

[11月~3月] 月曜~土曜 9:30~17:30

日曜日 休み

●料金 大人5ユーロ、シニア4ユーロ、学生3ユーロ

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。