アイルランドの有名観光スポット「モハーの断崖」に行ってきました

モハーの断崖

今回はずっと行きたかったアイルランドの有名観光スポット”モハーの断崖”について書いていきます。

ラヒンチにはモハーの断崖に行くために来たようなもので、町からもしっかり断崖が見えていました。

海岸に沿って2時間ほど歩き、いよいよ念願だった場所に到着です。

歩きたくない方は安心して下さい。ラヒンチとモハーの断崖の間にはバスが走っているので、そのバスに乗れば20分で着きます。

 

※モハーの断崖に近い町”ラヒンチ”についてはサーフィンとゴルフの町「ラヒンチ」を観光 で詳しく書きました。

ラヒンチの町並み

サーフィンとゴルフの町「ラヒンチ」を観光

2017年8月25日

 

 

モハーの断崖に到着

モハーの断崖

高さ200メートルの断崖が続くド迫力の光景

そうそうこれこれ!!

見たかった景色はこれです!!

写真じゃ迫力がなかなか伝わらないのが残念ですが、断崖という名にふさわしい光景です。

モハーの断崖

人がチンチクリンに見えるほど、断崖は高く、ドデカいです。

またフェンスも何にもないんで崖ギリギリまで行けちゃいます。

一応注意書きで「足ブラブラとかしないで下さい!!」とか書いてましたが、みんなやっちゃっていました。

万が一、もろくなった地面が崩れたら…考えるだけでゾッとします。

話しは変わりますが、実はモハーの断崖、映画ハリーポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)マルーン5(Maroon 5のRunaway)のミュージックビデオなどの撮影にも使われているスゴイ場所なんです。

マルーン5のRunawayのミュージックビデオでは、一人の男性がモハーの断崖に面している海でサーフィンをしている映像が流れます。

CGではなさそうですが、僕が行った日はモハーの断崖の海でサーフィンをしている人は1人も居ませんでした。

できるのかな??

 

 

オブライエンの塔(O’Brien’s Tower)

オブライエンの塔

1835年、地元の領事であった”コーネリアス・オブライエン”が中心となり、この地に訪れる観光客のために建てられた展望台です。

塔自体はさほど高くはないんですが、モハーの断崖の最も高い位置に建てられているので、塔の上から見る景色はかなりイイです!!

ちなみにちゃっかり大人2ユーロ(子供1ユーロ)取られます。

 

モハーの断崖の道

モハーの断崖

こんな道がずっと続いているので、僕が見ていない間にも2、3人落ちてるんじゃないかと思うぐらいです笑

道を歩いていると反対側からも人は歩いて来るので、お互い譲り合いながらすれ違わなければいけません。

特に狭い道の時、海側を歩く人はすぐ横が崖のためヒヤヒヤもんです笑

(高所恐怖症の人は間違いなくここを歩けないと思います)

 

約8キロに渡り続いている断崖

モハーの断崖

北側

上の写真は北側のある地点。

ほとんどの人はここまで来たら引き返していきますが、この先も断崖は続いています。

調べたところ、モハーの断崖は僕が出発した南側の”ラヒンチ”の先から北側の小さな町”ドゥーリン”まで約8キロに渡り続いていて、端から端まで歩こうとしたら片道2時間半ぐらいかかります。

僕もこの地点でUターンし、次に断崖の南側に向かいましたが、その途中でちょっと変わった光景を見たので下で紹介します。

 

願いが込められた石「ケルン」

モハーの断崖

一面に石が積み上げられた光景

いったい誰が始めたのか、道の途中で石が積み上げられたものが無数にあり、その数、何百、いや何千は余裕でありました。

日本の場合、石を積むという行為は道に迷わない様に目印として積む、神への供え物として積む、その場所で亡くなった方への供養として積む、または何かの思い出や願いを込めて積む、などの意味があるそうです。

こういった人の手によって積まれた石のことを日本では”ケルン”と呼び、海外でも呼び方は異なりますが、同じような意味合いで石を積み上げるようです。

モハーの断崖があるこの地域では、19世紀後半から20世紀初め頃まで岩石の採掘が盛んに行われていて、採石場の廃棄物の投棄場所としてこの断崖が使用されていました。

廃棄物の投棄というと、何か悪いものでも捨てているのかな?と思ってしまいますが、要は細かくて使えない石を捨てていたんですね。

 

そして、そんな無数にある石を、誰かが何かの理由で積み始めたというわけです。

ここにあるケルン一つ一つには、ここに訪れた人達それぞれの思い出や願いが込められている…のかも知れませんね笑

 

モハータワー

モハータワー

この塔は、かの有名な”ナポレオン”が猛威をふるっていた時代、その支配の脅威に対応するための監視塔として建てられました。

かなり劣化が進んでいるせいか、塔の周囲にはフェンスが立てられ、入る事は出来ませんでした。

モハーの断崖

南側から見る景色も最高でした

 

最後に

モハーの断崖と言ったらアイルランドでトップ3に入るぐらい有名な観光スポットで「とうとう自分もここに来たか…」という感じでした笑

有名だったり、人気のある場所は実際行ってみると大したことなかったりしますが、ここの景色は間違いありませんでした。

そして、危険ではありますが、フェンスなどの安全策がないのもまた魅力だと思います笑

果てしない絶景と、思いっ切り恐怖が味わえるこの場所は、訪れる価値大ありです!!

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。