ハロウィンの起源はアイルランドにあり~古代ケルト人の儀式が世界へ~

ハロウィンの様子

毎年10月31日に各国で行なわれるイベントと言えば、日本にもすっかり定着した”ハロウィン”祭りがとても有名です。

そんな誰もが知っているハロウィンですが、このお祭りの始まりは今から何千年も前にまでさかのぼり、その起源はアイルランドへとつながります。

 

 

ハロウィンの起源

ハロウィンの様子

ハロウィンの起源は、古代ケルト人(アイルランド人の祖先)が信仰していたドルイド教の”サウェン祭り(Samhain)”が始まりとされています。

サウェン祭りが行なわれていた10月31日は、ドルイド教において一年の終わりの日(日本でいう大晦日)にあたり、その年の節目、次に迎える新年、そして夏の収穫を祝う目的でこの祭りが行なわれていました。

 

アイルランドとドルイド教

アイルランドのお墓

ケルト人はもともと、アイルランドを含むヨーロッパ各国に広く分布していた種族だったので、もちろんドルイド教も各地で信仰されていましたが、ローマ帝国によるヨーロッパ支配が始まると、各地のドルイド教はローマ帝国の国教であるキリスト教へと変わっていきました。

しかし、小さな島国であるアイルランドは他のヨーロッパ諸国とは違い、ローマ帝国に支配されず12世紀頃まで外からの影響をあまり受けませんでした。

また、今ではアイルランドの守護聖人となっている聖パトリック(アイルランドにキリスト教を広めた聖人)が、アイルランド人をキリスト教に改宗させる際、ドルイド教の考え、つまりケルトの文化を否定せずに、キリスト教とうまく融合させることにより、アイルランドでは古くから続くケルトの独特な伝統と文化が残されてきました。

そのことから、ドルイド教の大切な行事であるサウェン祭りもなくなることなくアイルランドの地に残ってきました。

 

サウェン祭りからハロウィンへ

たくさんのカボチャ

キリスト教において11月1日は”諸聖人の日「オール・ハロウズ(All Hallows)」”という特別な(聖なる)日とされていました。

そのためドルイド教のサウィン祭は、その諸聖人の日の前日にあたるため”「オール・ハロウズ・イブ(All Hallows’Eve)」”と呼ばれるようになりました。

諸説はありますが、その”オール・ハロウズ・イブ”という名が徐々に変化し、現在の”ハロウィン”という呼び名になったのではないかと言われています。

 

アイルランドからアメリカ、そして世界へ

昔のニューヨーク

19世紀半ば、イギリスによる宗教的迫害、主食であったジャガイモの疫病や感染症の流行などにより、アイルランドからは多くの移民が流出し、そのほとんどがアメリカへと渡りました。

ただ、新しい土地に渡ってからもアイルランド人であることや宗教の違いにより彼らは差別を受け続けますが、それでも自分たちの伝統や文化を捨てることはなく、彼らが密かに祝っていたハロウィンも徐々にアメリカ人に受け入れられるようになります。

20世紀頃にはハロウィンはアメリカ全土、そしてその他の国々まで広がり、かつてドルイド教が行なっていたサウィン祭のような宗教的な意味合いは薄れ、皆が楽しめるお祭り(現在のような形)になりました。

 

※アイルランド移民の歴史については アイルランドからアメリカへ~アイルランド移民の歴史について~ で詳しく書きました。

昔のニューヨーク

アイルランドからアメリカへ~アイルランド移民の歴史について~

2019年3月23日

 

ハロウィンでの仮装(コスプレ)

仮装する女性

ハロウィンと聞いて思い出すのは、やっぱり”コスプレ”ではないでしょうか??

みな思い思いの衣装を身にまとい、町中を歩いたりイベントに参加したりと大変な賑わいですが、ハロウィンにおける仮装には深い意味があり、その歴史はドルイド教で行なわれていたサウィン祭までさかのぼります。

古代ケルト人が信仰していたドルイド教では、夏から冬に変わる時期になると現世と霊界がつながり、祖先の霊、悪霊、妖精などが互いの世界を行き来できると信じられていました。

そのため、彼らは悪い霊から身を守るため、または同化し悪い霊の目をあざむくために仮装していたと言われています。

現在のハロウィンでの仮装で、悪魔、ゾンビ、幽霊などの衣装が多い(日本はあまり関係ないと思いますが…)のは、遠い昔のなごりが今でも残っている証拠だと言えます。

 

ハロウィンとカボチャ

ハロウィンのカボチャ

ハロウィンと言えばカボチャのオバケやランタン(明かりをともす道具)も有名ですが、カボチャが使用され始めたのはハロウィンがアメリカに渡ってからになり、それ以前はカブを使用していましたが、アメリカではカブよりもカボチャの方が多く採れたことがカボチャを使い始めた理由になります。

そしてもう一つ、このカボチャ(カブ)のオバケやランタンには正式な名前があり、それにまつわるおもしろい言い伝えがあります。

カボチャ(カブ)の名前は”Jack-o’-Lantern(ジャック・オー・ランタン)”日本語で”ジャックのランプ”という意味になります。

 

ジャック・オー・ランタンの物語

遠い遠い昔の話し、あるところに悪さばかりを繰り返すジャックという名の1人の男がいました。

そんな男の噂を聞きつけてか、ある日、ジャックの魂を奪うため地獄から悪魔がやってきます。

しかし、ジャックはとてもずる賢く頭のきれる男であったため、その悪知恵を使い、その悪魔に「2度と魂を取らない」と約束させることに成功します。

時は経ち、人間であるジャックはとうとう寿命でこの世を去ります。

生前、悪さばかりを繰り返していたジャックだったので当然天国には行けず、地獄に行く以外選択肢はありませんでした。

しかし、地獄の入り口で待っていたのは、かつてジャックの魂を奪いに来た悪魔だったのです。

悪魔は生前の約束通り「魂は取らない」と言い放ち、暗闇を照らすための地獄の炎だけをジャックに与え追い返しました。

ジャックは唯一の灯りである炎が消えないよう落ちていたカブをくり抜いてランプ代わりにし、天国にも地獄にも行けないジャックはあの世とこの世の狭間を永遠にさまよい続けることになりました。

 

子供達がお菓子をもらいに来る”トリック・オア・トリート”とは

ハロウィンの様子

”ハロウィンの日には子供たちが仮装してお菓子をもらいに家にやってくる”

日本ではあまり馴染みのない習慣ですが、ハロウィンの最中、海外では一般的に行なわれている行事の1つになります。

この行事の名前を”Trick or Treat(トリック・オア・トリート)”といい、意訳すると「お菓子をくれないと、いたずらするぞ」といった感じになります。

 

トリック・オア・トリートの起源

トリック・オア・トリート

トリック・オア・トリートの起源については、いくつか説があるのでそれらを紹介したいと思います。

 

●古代ケルト人のドルイド教では、ハロウィンの時期に祖先の霊、悪霊、妖精などが現世と霊界を行き来できる信じられていたため、それらの悪い霊の災いから逃れるため食べ物(お供え物)を差し出しました。

そのことが徐々に変化し、現在では悪霊に扮した子供たちが各家を回りお菓子をもらいにやって来るようになった。

 

●キリスト教において11月2日は”死者の日”にあたり、亡くなった全てのキリスト教徒の魂に祈りを捧げる日と定められています。

そして、かつてその日に行なわれていた行事に”Souling(ソウリング)”というものがありました。

ソウリングでは、クリスチャン(または貧しかった人々や子供という説もあります)が家々を回り、その家で亡くなった家族やその親族の魂が天国にいけるよう祈りを捧げ、それと引き替えに”Soul cake(ソウルケーキ)”と呼ばれるビスケットのようなモノやお金を受け取っていました。

それが徐々に形を変え、いつしか10月31日に行なわれるハロウィンと結びつき、仮装した子供たちが「お菓子をくれないといたずらするぞ」と家々を回るトリック・オア・トリートという形になったという説も有力です。

 

最後に

最後にアイルランド主要都市のハロウィンの様子を載せておきたいと思います。

 

首都 Dublin(ダブリン)

 

北アイルランド第2の都市 Derry(デリー)

 

Galway(ゴールウェイ)

 

写真を見るだけでもその場の盛り上がりが伝わってきますね。

僕はアイルランドでワーホリをしていましたが、ハロウィンの時期は他のヨーロッパの国に行っていたので残念ながらアイルランドのハロウィンを体験することが出来ませんでした。

本場のハロウィン、また機会があればぜひ行ってみたいです。

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。