オーストラリアのシェアハウス探し

部屋の中

この前の記事 オ-ストラリアでホームステイをしてみて感じたこと では1年前のオーストラリアでのホームステイについて書きました。

そして今回は、そのホームステイが終わってから次の住居、シェアハウスについて書きたいと思います。

 

オーストラリアにはシェアハウスが多くあるため、比較的簡単に見つける事が出来ます。

僕は、”料金が安く町の中心部にある”、という条件で家を探しすぐに見つかりましたが、その安さのためか、相部屋は当たり前、家の中はかなり汚かったです笑

一人部屋、広い、キレイなど…求める条件が多ければ多いほど、それらに合った家は少なくなるため、探す時間がかかります。

僕の周りも同じようにシェアハウス探しをしている人達がたくさんいましたが、中にはアポを取っては一日に何軒も回ってじっくり自分に合った家を探している人もいました。

 

 

 

シェアハウスの形はいろいろ

シェアハウスをする場所も色々あり、一軒家、マンション、アパートだったり、1人部屋でキッチン、お風呂、トイレは共同、または一つの部屋に2段ベットを3つぐらい置いているところだったり…

ちなみに僕のシェアハウスはマンションで、間取りは、2LDK(2つの部屋と、リビングダイニングキッチン1つ)でユニットバスが2つあり、1つの部屋に2段ベット2つで、4人が同じ部屋で寝ます。

その家には多い時で11人ぐらい住んでいました。

僕が住んでいたオーストラリアのシェアハウス

狭い部屋に2つのベット

そして、リビングにも無理矢理作ったしきりがあって、そこにも3人ぐらい寝てました。

僕が住んでいたオーストラリアのシェアハウス

写真分かりにくいですが、かなり強引に作られた部屋です(笑)

料金は1週間で一万円ちょいと安かったですが、その分やはり環境はあまり良くはなかったです笑

 

シェアハウス探し

探し方は語学学校に通っている方だと友達の紹介はありがたいですね、あとはインターネットのサイトで探すという方法があります。

「でも、英語分からないよ…」

って方も安心。オーストラリアは日本人がホントに住みやすい国で、日本人のための日本語サイトがあります。

 

日本語のサイト

日豪プレス

Jams.TV

チアーズ

 

これらは大きいサイトなので、自分の条件にあった家が見つけやすいと思います。

僕も最初は日豪プレスで家を見つけ、家の詳細はすべて日本語だったんですが、行ってみると、オーナーはタイ人でした笑

英語が全然出来ない僕はかなり焦りましたが、その家にはすでに日本人が住んでいて、その子が通訳してくれたおかげでなんとか会話、そしてシェアハウスの契約を済ませる事が出来ました…(いやぁカッコ悪い…)

実はよくあるパターン

実はこういうことはよくあって、日本人以外のオーナーが、知り合いの日本人に頼んで説明文を作ってもらいサイトに載せているパターン(僕が住んでいたシェアハウスそうであったように)があるので、ご注意を。

様々な情報

また、上記で紹介したサイトには住まい以外の情報(例えば、求人、要らないもの売ります買います、イベントなど)も載っています。

とても便利な日本語サイトですが、やはり難点はこれらのサイトで物件を探すと日本人と一緒に暮らす確率がやはり高くなることです。

運良く自分が住み始めた時に日本人がいなくても、日本語のサイトなのでやはり日本人が集まりやすいです。

ただ、シェアハウスをするとなると、オーナー(ある意味他人)にそれなりのお金を支払わないといけないこと、また、契約内容、何があって何が無いのか、家のルールなど、最初にきちんと理解したいところですから、日本語で聞ける、日本人が住んでいるというのはかなり安心感があります。

 

英語のサイト

ガムツリー

flatmates.com

 

英語をとことん使う環境にしたい、という方はやはり英語サイトでの家探しが確実です。

英語はまだまだ自身がないけど、少し無理してでも挑戦したいって気持ちは大切ですよね。

 

最後に

今まさに僕もアイルランドという地で家探しなどに挑戦している最中です。

僕はホントに英語が苦手です!!それでも、今自分に出来る精一杯のことを後の人生後悔しないように全力でやりたいと思っています。

皆さんもどうか新しい環境に挑戦する気持ちを大切にして下さい(^^)/

シドニーのオペラハウス

 

最後までありがとうございました。

それでは、また!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校を卒業してから、そのまま就職。12年間働いていたが、そんな自分の人生に疑問を覚え、30歳前にして何の計画もないまま会社を辞め、海外に行くことを決意。理想の人生を強烈にもがきながらも追い求めています。そんな僕が、このブログを通して海外の魅力、文化、役に立つ情報など発信したいと思います。